長野県諏訪郡富士見町にある富士見町図書館は、日本一の貸し出し冊数を誇ります。
*全国の同規模自治体(人口1.5万~2万人)とのこと。
長野日報に「富士見町図書館 貸出冊数18年連続日本一」と記事化されています。

富士見町図書館が2014年度に貸し出した人口1人当たりの図書冊数15・52冊が、全国の同規模自治体(人口1万5000~2万人)の中で1位を記録し、1997年から18年連続首位を達成した。統計をまとめた日本図書館協会が発行した「日本の図書館統計と名簿2015」で明らかになった。同図書館は「図書館をはじめ町を挙げて取り組んでいる子どもの読書活動推進などの成果の表れ」と喜んでいる。

18年連続!は、かなり凄いですね。
最も多い利用層は30代-40代とのこと。
意外な感じがしたのですが、記事内にある幼児を連れた母親の世代がそうだ、ということなのでしょうね。

14年度の総貸出冊数(CD、DVDなど含む)は約23万6000冊だった。貸し出しが最も多い年代は30~40代で、60代、小学生が続く。「幅広い年齢層に利用されている。とりわけ女性が多く、中でも幼児を連れた母親が目立つ」と同館。1日の平均入館者数は565人で、1400人を超す日もあった。

ただし、貸出冊数は減少傾向とのこと。
読書以外の娯楽が広がっている中では難しいのかもしれませんね。

同図書館は「貸出冊数は年々微減。子どもたちは“読育”の効果が表れているが、その保護者は活字離れの世代で働き掛けが必要。高齢者が読書を楽しめる環境づくりも進めたい」と話している。