2018年2月に発表された「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング (平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)」によると、食パンの消費金額が最も多い都市は神戸市でした。逆に最も食パンの消費金額が少ない都市は秋田市です。

2位以下は堺市、奈良市、松江市、和歌山市、大津市、大阪市と続きます。パンの消費金額のランキングと同様、関西勢が上位を占めます。関東で最も食パン消費額が多い町は9位の横浜市。食パンを生んだウチキパンのある、パン文化が早くに根付いた街ですしね。

1位 神戸市 13,478円
2位 堺市 11,571円
3位 奈良市 11,568円
4位 松江市 11,421円
5位 和歌山市 10,859円
6位 大津市 10,830円
7位 大阪市 10,827円
8位 高知市 10,703円
9位 横浜市 10,628円
10位 高松市 10,519円

(出展 : 総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング (平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)」)