宮城、富山、千葉、埼玉、神奈川、京都、大阪、和歌山、島根、鳥取、徳島、大分は村の数が日本一少ない都道府県です。
政府統計の総合窓口」にある、「市区町村数を調べる」によると、
宮城、富山、千葉、埼玉、神奈川、京都、大阪、和歌山、島根、鳥取、徳島、大分はそれぞれ1つしか村を持っていません。
(村0県の滋賀、山口、長崎、石川、福井、広島、香川、愛媛、佐賀、栃木、静岡、兵庫、三重は集計から外しています)
一方で、日本一町の数が多いのは長野県の35村です。
1村しかなくもっとも少ない県の一つである大分県は、日本一町の少ない県でもあります。
1村しかなくもっとも少ない県の一つである鳥取県は、日本一市が少ない県でもあり、鳥取は日本一人口の少ない県でもあります。
1村しかなくもっとも少ない県の一つである大阪府は、日本一区が多い都道府県でもあります。
1村しかなくもっとも少ない県の一つである埼玉県は、最も市が多い都道府県でもあります。

1位 宮城県 1村
1位 富山道 1村
1位 千葉県 1村
1位 埼玉県 1村
1位 神奈川県 1村
1位 京都府 1村
1位 大阪府 1村
1位 和歌山県 1村
1位 島根県 1村
1位 鳥取県 1村
1位 徳島県 1村
1位 大分県 1村