湯島 みつばち 小倉アイス

湯島駅と上野広小路駅の近くにある1909年(明治42年)創業の「湯島 みつばち」は日本で初めて小倉アイスを出したお店として知られています。小倉アイスの誕生については、公式サイトに詳しく載っておりますが、他の多くの食べ物と同様に、とある偶然から生まれたそうです。名前は小倉羊かんを真似してつけているそうで、どこか耳馴染みのある商品名になったのですね。

大正4年(1915年)、ある夏の日曜日。
みつばち創業者嶋田当与が氷あずきの種が残ったのでもったいなく思いアイスクリームを作る桶に貯蔵してみた。

 明朝、桶の蓋を開けてみる、なっなんと、周りが少し凍っていたので食べてみた。それは、今まで食べたことのない味だった。

あずきの羊かんを小倉羊かんというから、小倉アイスが良かろうと言われ、

 小倉アイス と 命名された。

———湯島 みつばち 基本情報———-

【住所】東京都文京区湯島3-38-10
【電話番号】03-3831-3083
【営業時間】
売店 AM10:00~PM9:00
喫茶 AM10:30~PM8:00