2018年2月に発表された「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング (平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)」によると、食パンの消費量が日本一も多い都市は堺市でした。逆に最も食パン少量が少ないのは秋田市でした。

2位以下は神戸市、奈良市、名古屋市、和歌山市と続きます。パンの消費量のランキングと同様、関西勢が上位を占めます。10位までは西日本に締めらており、食パンは西高東低な食べ物なのかもしれません。

1位 堺市 25,354g
2位 神戸市 25,148g
3位 奈良市 24,858g
4位 名古屋市 24,453g
5位 和歌山市 24,190g
6位 鳥取市 24,077g
7位 松江市 23,754g
8位 大津市 23,250g
9位 大阪市 22,825g
10位 広島市 22,645g

(出展 : 総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング (平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)」)